確定申告や記帳代行を税理士に依頼した場合の費用やメリットは?



確定申告や日々の記帳代行など、開業して間もない時期や、中小規模にビジネスを営む経営者の場合「自分で記帳しようと思えばできるが、得意ではないので時間がかかる」「最近経理業務に時間を取られて、営業に支障が出てきている」といった悩みを抱える方も少なくありません。

そこで、ここでは確定申告や記帳代行を税理士へ依頼した場合の費用やメリットなどについて解説しています。「申告だけ」「記帳だけ」などピンポイントで依頼した方がよいのか、まとめて依頼した方がよいのかについてもご紹介していますので、税理士へ相談を検討する際の参考にしてみてください。


確定申告や記帳を税理士に依頼した場合のメリット・デメリット

確定申告や記帳代行を税理士へ依頼した場合のメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです。


税理士へ経理業務を依頼するメリット

税理士へ確定申告や記帳代行などの経理業務を依頼するもっとも大きなメリットは「安心して経理を任せられる」点にあるといえます。

もちろん自分の力でも正しい帳簿を作ることは可能ですが、経費として正しく計上されているか、計上されるタイミングは合っているかといった細かな点まで正しく記帳するのは難しいものです。

毎日の記帳にくわえ、確定申告では決算や消費税の課税・非課税といった点にも注意する必要があり、控除が正しく利用できているかどうかについても、1度プロの目でチェックしてもらった方が安心できるでしょう。

経理について日常的に処理をしていないと、その都度確認したり調べたりしながら進めていたら、時間も手間もかかってしまいます。

経理を担当する人を採用するにしても、いつでもふさわしい人材が応募してくるかどうかはわからず、入ってもいつ辞めてしまうかはわかりません。社員として雇う場合は、毎月の給与以外に保険料なども考慮する必要があります。まだ事業規模がそれほど大きくないうちは「人件費はできるだけ抑えたい」という方も多いはずです。


税理士へ記帳や確定申告といった経理業務を依頼すると、こうした問題や不安を一発で解決することができます。



税理士へ経理業務を依頼するデメリット

確定申告や記帳などを税理士へ依頼すると、当然ですが料金が発生します。これを安いと見るか高いと見るかは、取引のボリュームや経営者自身の経理知識、依頼する税理士事務所の実績や相性によってもことなります。

個人事業主から中小規模の企業まで幅広い経理の取引実績を持ち、経費や節税の悩みなど、個別にことなる悩みや相談にも寄り添いつつ、正確な会計処理が期待できる税理士事務所は、そんなに多くはないものです。

実際には必要のない業務までオプションとして勧められたり、記帳代行や確定申告だけをピンポイントで依頼できなかったりする場合もあります。

信頼できる税理士をいかに見つけられるかどうかが、経理業務の代行依頼でデメリットを感じないために重要なポイントであるといえるでしょう。


確定申告・記帳代行を税理士へ依頼した場合にかかる費用は?

確定申告や記帳代行などを税理士へ依頼した場合に必要とされる費用は、概ね以下のようになります。


確定申告を依頼した場合にかかる費用

確定申告のみを依頼した場合、費用の相場は1回あたり5万~20万円ほどとなります。

数万円で依頼できる場合もありますが、記帳が既に完成していることが条件となる場合が多く、仕訳を増やす必要があるなど多くの修正が発生する場合、別途費用が必要となるケースもあるでしょう。


記帳代行を依頼した場合にかかる費用

税理士へ記帳代行を依頼する場合の費用相場は、毎月3~5万円ほどとなっています。近年税理士事務所以外の企業が記帳代行サービスを扱っている場合もあり、こうした業者を利用した場合、1万円前後で記帳を依頼できるケースもあります。

しかし、税務の知識が豊富な税理士へ依頼するのと違い、普通の業者へ記帳代行を依頼すると、科目や経費のチェックなどはされず、こちらの指示した通りの記帳しかしてもらえないことがほとんどです。

領収書や請求書といった資料をまとめて送る手間は同じであるため、安心して正確な代行業務を期待するのであれば、安さだけで業者を選ばないことをおすすめします。


確定申告と記帳代行の両方を税理士へ依頼した方がよい理由

ひと昔前までは、税理士へ経理業務を依頼する際に「申告だけ」「記帳だけ」といった依頼はできず、顧問契約を結ぶ方法が一般的でした。現在でも顧問契約しか受け付けていない税理士事務所もありますが、ピンポイントで必要な業務だけを依頼できる場合でも、ある程度まとめて業務を任せた方が利用者側のメリットも大きくなります。


記帳と確定申告を別々に依頼すると確認作業が増える

記帳代行と確定申告の依頼先を分けてしまうと、レシートや請求書などの資料を業者ごとに送る必要があり、依頼する側の負担が増えてしまいます。

片方には送っていて片方には送っていない領収書が見つかったり、確定申告で見つかった仕訳の間違いについて記帳代行を依頼しているところへ連絡したり、といった手間が発生するリスクもあるため、確定申告と記帳の両方を外部へ委託するのであれば、依頼先は1つにまとめた方がよいでしょう。


記帳から任せて確定申告した方が安心できる

日々の記帳が正しくおこなわれているかどうかは、毎年1回の確定申告で正しい申告をするために重要となります。確定申告だけを依頼する場合、帳簿が正しく作成できていないと申告する金額にも影響が出てしまいます。

確定申告の時期になってから慌てて税理士へ依頼しても、取引ごとに細かなチェックが入って答えるのが大変というケースもあり、税理士事務所でも申告時期前後は繁忙期となるため、信頼できる税理士は手が一杯で予約が取れない可能性もあるでしょう。

帳簿作成の段階から取引をチェックしてもらい、確定申告まで一括して任せた方が慌てることなく、任せられる安心感もより大きくなるでしょう。


節税や経費コスト削減のアドバイスが聞ける

「記帳だけなら自分でもできるから」と自力でおこなったり、代行業者や雇ったアルバイトに記帳を任せたりしていても、節税対策や経費の削減方法といった税務上のポイントを知ることは難しいものです。

今後事業をさらに大きくするか、逆に小さくするかなど、今後の経営方針に合わせて社内の経理体制を整えたい、働き方改革や経理のクラウド化を進めたい、といった場合のアドバイスを受けたいなら、最新の会計システムに強い税理士事務所で1度しっかりと相談に乗ってもらうことをおすすめします。

今は自分の手で何とかなっていても、今後取引が大きくなる予定があるなら早い段階で依頼先を見つけた方がよいですし、規模を小さくしたい場合は、最新のシステム導入で経費や人件費をどこまでカットできるのか、といったアドバイスも早い段階で受けておくとよいでしょう。


まとめ

確定申告や記帳代行を税理士へ依頼すると、事業にとって大切な会計業務を安心して任せられるうえ、申告もミスなくおこなえる、節税や経費削減のアドバイスも聞けるといったメリットがあります。

依頼する費用がかかるデメリットをクリアするためには、手間と時間がかからず、必要に応じて誠実に対応してくれる信頼できる税理士事務所を見つけることが大切です。

確定申告や記帳代行以外にも、税務や会計上での悩みがあるなら、熊本経理代行ステーションへ1度ぜひお問合せください。

毎月3件限定で、事業規模や依頼内容を問わず、懇切丁寧に無料で相談に対応させていただきます。