記帳代行サービスは個人事業主も使える?概要とメリット・デメリットを紹介



企業など会社単位で記帳代行サービスを利用する話を耳にすることがありますが、フリーランスや個人商店などの個人事業主でも記帳代行を利用することはできるのでしょうか。

ここでは、個人事業主が記帳や会計管理をおこなう方法と記帳代行を利用する際のメリット、デメリットなどについてわかりやすく解説しています。おすすめの記帳サービスについてもご紹介していますので、現在の記帳に関する疑問をお持ちの方は参考にしてみてください。


個人事業主が記帳する方法

個人事業主が記帳をおこなうおもな方法には、以下のようなものがあります。


会計ソフトを使う

個人事業主の方は、最初の選択肢として多くの方が会計ソフトによる記帳を選ぶことでしょう。近年では操作の難易度も低く、低価格で利用できる会計ソフトも多く出ています。

開業直後は税務署や商工会議所の無料相談などをも利用しつつ、会計の知識がある場合は自分の手で、日々の取引の流れを記帳していく方法です。


会計担当者を雇い入れる・または外注する

営業や仕入れ、準備等に忙しく、記帳に割く時間がなかなか作れない場合は、記帳をしてくれる担当者を雇い入れるか、業務委託という形で記帳を外注する方法もあります。

自力で記帳するよりもコストはかかりますが、自分で記帳すると時間がかかってしまう場合は、得意な人の力を借りた方がコストパフォーマンスは高くなるでしょう。


記帳代行サービスを利用する

会計が苦手、時間がかかる、正しく記帳できているか自信がない、という場合に選べる方法として、会計事務所や税理士などがおこなっている記帳代行サービスを利用する方法もあります。


自分で記帳した場合と担当者へ任せる場合、記帳代行を依頼した場合では、それぞれメリットとデメリットがことなります。どのような点が違うのかについて、以下でさらに詳しく見ていきましょう。


個人事業主が記帳代行サービスを利用した場合のメリット・デメリット

個人事業主が記帳代行サービスを利用した場合のメリットとデメリットには、以下のような点が挙げられます。


個人事業主が記帳代行を利用した場合のメリット

自分で記帳していると「これは本当に正しいのだろうか」と不安になることがあります。ほとんどの会計ソフトに数字の相違についてチェックしてくれる機能はあるものの、科目違いや借方と貸方が間違っている場合などは、判明しないまま確定申告してしまうリスクもあるからです。

また、記帳だけを外注したり担当者へ任せたとしても、取引が正しく記帳されているかどうか、節税できるポイントが押さえられているかどうかといった点を確認するのは難しい場合もあるでしょう。

税理士や会計事務所がおこなっている記帳代行サービスを利用すれば、記帳にかかる時間や手間を削減できるだけでなく、こうした記帳のミスを防いで正確な会計処理をおこなうことができます。

また、必要に応じて会計上のムダや節税対策についてのアドバイスをもらったり、ファイリングや請求書発行、振込などの銀行業務代行を依頼したりすることも可能です。


個人事業主が記帳代行を利用した場合のデメリット

個人事業主が記帳代行を依頼する場合、取引のボリュームによってはコストが割高となってしまうケースもあります。

また、会計の知識に自信があり、記帳が苦でないという個人事業主の方も、代行の必要性をあまり感じないかもしれません。

記帳代行サービスは派遣会社や業務委託サービスを提供している企業などでもおこなっており、アルバイトや経験の浅い派遣社員が記帳していて依頼料が安い、というケースもあります。

会計事務所ほど税務や会計の知識を持っていないところもあるため、代行の依頼先によっては、自分が希望するサービスやアドバイスが受けられない場合もあるでしょう。


記帳代行の費用が気になる場合の記帳代行の探し方

「記帳代行を依頼した場合の費用が気になる」「将来的に記帳代行を依頼したい時にどこへ頼めばよいかわからない」という個人事業主の方は、以下のようなポイントを押さえて探すとよいでしょう。


費用の安さだけで選ばない方がよい場合も

個人事業主の方が記帳代行の依頼を検討する際、前述のようにコスト重視で月々の料金が安いところへ依頼しようと考えたくなります。

しかし、サービスによっては細かな業務がすべてオプションとなっていて、最終的にすべてを依頼すると高額となってしまうケースや、会計業務のリモート化やクラウド化、法人化して社員を雇う場合に必要なノウハウの引継ぎなどができず、将来的に困るケースもあるのです。

これから事業を大きくしていく予定のある人や、会社設立も視野に入れて営業活動をおこなっている場合は、早い段階で信頼できる会計事務所を見つけて相談してみることをおすすめします。


トータルでコストが下がるかどうかが大切

「記帳代行で月々数万円かかるなら、パート社員を雇って記帳や書類の整理を任せるのと変わらない」と思われるかもしれませんが、人を雇おうとした場合、常に良い人が入ってくれるとは限りません。

良い人が入ったとしても自己都合で退職されるリスクもあります。事業の中でも重要な会計を任せるのであれば、ある程度の人件費はかかると考えた方がよいでしょう。

月々数千円で依頼できる記帳代行の場合は、領収書や通帳コピーなどを投函する手間と記帳する量によっては、自分でやってしまった方がよい場合もあります。

記帳代行にかかる費用ベースで検討するのもよいのですが、現在の取引量や将来的な事業の規模、人件費や確定申告時のサポートなど、トータルで考えた場合にもっともコストパフォーマンスが良い選択をすることが大切です。


個人事業主の記帳代行も熊本経理代行ステーションへ

熊本経理代行ステーションでは、記帳代行から会計に関するアドバイスまで、ニーズに応じてさまざまなご相談にお応えしています。

まずは無料で利用できる経理無料相談を予約し、現在抱えている会計処理の悩みや要望について相談してみましょう。

企業の経理サポート実績を多く持つプロの税理士が丁寧に相談に応じ、コストや時間をどの程度削減できるか、現在必要なサービスや今後必要となる可能性がある業務についてなど、1人1人のケースに合わせての提案が可能です。

会計ソフトをクラウド化した場合のシミュレーションや依頼した場合の見積りなども、希望される方にはわかりやすくお知らせしていますので「これを機会に信頼できる会計事務所を見つけておきたい」「節税や経費削減など、トータルに相談に乗ってほしい」というお悩みをお持ちなら、メールか電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

担当者から追って日程調整の連絡があり、オンライン相談にも対応しています。しっかりと対応するために、無料相談は月に3件限定となっているため、ご希望の方は早めの予約がおすすめです。


まとめ

個人事業主でも記帳代行サービスを利用することは可能ですが、事業の規模や将来的に会社設立する可能性などによっても、どこまで依頼するかの内容がことなってきます。

経費削減を考えるなら費用は抑えたいところですが、記帳代行を安さだけで選んでしまうと失敗するケースもあるため、税理士や会計事務所が提供している経理代行サービスについて、無料相談などで問い合わせてみるとよいでしょう。

自分の要望やニーズに合った記帳・経理代行のサポートを受けることで、安心して営業活動に専念することができるでしょう。