現代経営課題の人材不足。対策に経理代行、記帳代行はどうですか?!

更新日:2020年9月8日

時代の変化と共に経営を続ける中での課題はそれぞれあると思います。

その中でも現代の課題として一番大きいものは【人材不足】と言われています。

採用するにも応募が来ない、採用できても長続きしない等の悩みを抱えていませんか?長続きしない社員を繰り返し雇っていませんか?

その解決方法は様々ですが、熊本経理代行ステーションが行う経理代行、記帳代行を活用して、人材不足の課題解決と会社経営の不安を解消しませんか?


人材不足はなぜ起こる?


◆人材獲得競争の激化

現在は求職者が主導で職や企業を選ぶことができるため、「売り手市場」と呼ばれます。

企業にとっては、人材獲得に苦しむ状況と言えるでしょう。

これまでの人材獲得に関しては、ブランド力などの面から中小企業が不利といわれていましたが、人材獲得競争の激化から現在は大企業でも油断できない状況となっています。


◆労働者人口の減少

厚生労働省のデータにおいて、15歳以上59歳以下の労働力人口が1990年に比べ、2030年で大幅に減少するとの見通しがされています。

少子高齢化によって労働人口が減っていくという現状に加え、育児による離職だけでなく、介護による離職も目立つようになってきています。

今後、企業は若手の人材を確保するにあたって、対策を講じていく必要が出てきます。


参考:平成23年度版 厚生労働白書(厚生労働省)


◆採用手法の変化

従来は紙やWEBなどで募集をかけ、人が来るのを待つことでも人材確保が可能でしたが、しかし、現在は人材獲得の競争が激化し、優秀な人材を確保することが難しい状況に陥っています。


そこで、優秀な人材を積極的に採用するために増えたのが、求人フリーペーパーや求人サイトへの求人掲載に加え、ダイレクト・リクルーティングや、SNS活用によるソーシャル・リクルーティングなどの導入です。求職者からの応募を待つだけでなく、企業側から積極的にスカウトする時代に変化してきています。採用手法を現代に合わせて最適化できていないのも、人材不足が解決しない原因です。


人材不足を解消するには?


人材不足を解消するにはかなりの時間とコストが掛かります。

新卒一人を採用するために係るコストは約70万円程と言われていましたが、2019年には倍の150万円とも言われました。

すぐ人材が必要な時に、すぐに見つかるか分からない人材探しだけで時間やコストを取られて良いのでしょうか?


新しい社員を選ぶという人財選びは、じっくりと時間をかけて社長に行ってほしい仕事です!


その人財選びの時間を作るためにも、経理の足りない人材は経理代行や記帳代行で補充して、新しい社員が増えた時にその仕事を引継ぎが出来たら、、、どんなに良いでしょうか?


経理代行、記帳代行とは?


経理業務は会社の基盤となる大変重要な業務です。

その業務を行う人材が不足している会社が世の中には溢れています。


その悩みを解消するのが【経理代行・記帳代行】です。

経理業務がストップすると「今後の資金繰りが見えない」、「従業員の給与計算が出来ない」、「毎月発行する請求書の作成や郵送が出来ない」等々重要な業務が滞ってしまいます。

その業務を熊本経理代行ステーションに外注して解決しませんか?というのが経理代行・記帳代行です。


【経理代行業務】

・記帳業務・・・記帳は、経理において基本中の基本です。税金の申告にも必ず必要な情報です。しかし日々の業務の中で、入出金の記録をもれなく記帳するには手間がかかります。

領収書、請求書、通帳のコピーなどの必要書類を預かり、記帳業務を行います。これにより、経営状況の把握も容易にできます。

もちろん、記帳結果に修正すべき点があれば専門家の視点から内容を確認して修正します。


・請求書発行業務・・・毎月の売上高を把握するのが請求書発行業務となります。売上高の把握ができる書類を預り、請求書の発行・発送まで行うのが請求書発行業務となります。


・給与計算業務・・・雇用している従業員がいるなら、その人数の分だけ毎月の給与計算が必要です。 万が一にも間違いがあれば、会社への不信感やモチベーションダウンにもつながるため、どんな場合であっても間違いは許されないのも給与計算です。

入退社情報や扶養家族の有無などを含む社員の情報など、給与計算に必要な情報を提出して頂き、正確な給与計算を代行して行います。


・総合振込業務・・・会社に届く請求書の支払業務をまとめて請け負う業務です。ネットバンキングを使用して振込業務を代行致します。


【記帳代行業務】

・クラウド会計ソフトへの記帳業務


それぞれのサービスは最終的に自社で業務を行って頂けるようになるまでの繋ぎだと考えてください。

新しい経理社員を採用されますとその方にご指導を行い、業務の引継ぎを行っております。

当然、貴社の経理業務の引継ぎに関するマニュアルもございますので、ご安心ください。


逆に、そのような状況を作りたいため、現状把握として現在の業務の流れを細かく確認させて頂きます。

そうすることにより貴社だけの経営管理業務フローを作ることができ、かつ、運用していくことで、経理が強くなる、つまりそれは会社の財産となります。


スムーズな経理体制にしましょう!


経理代行、記帳代行を熊本経理代行ステーションにお任せいただくことにより、通常業務以外に現在の経理体制や業務フローの構築などお悩み相談は多岐にわたることができます。

今行っている経理業務や記帳業務がスムーズに進んでいるのか?などのご不安に対しても弊社でフォローを行うことができます。


まずは、不安に思っていることや、お悩みの相談から始めてみませんか?

お気軽にお電話、メールをお待ち致しております。

熊本経理代行ステーションは、運営母体が会計事務所の経理代行サービスです。経理の事で悩んでいる経営者の立場に寄り添い、親身なサポートを受ける事ができます。


まだ経理代行を導入するか迷っている方には、月3件まで経理無料診断もおこなっています。夜間や土日にも受付可能となっていますので、お気軽にお申し込みください。